暮らし

【レディース編】どこまでOK?女性オフィスカジュアルの基本

女性のオフィスカジュアル暮らし
スポンサーリンク

オフィスカジュアルのルールは少し曖昧で、どこまでがオフィスカジュアルの定義なのか頭を抱える人も多いかと思います。出過ぎた格好などが原因となり、職場でひとり浮いてしまうのだけは避けたいですよね。
そこで、今回は「女性の一般的なオフィスカジュアルの格好はどのようなものか?」をアイテム別にピックアップしながら、どのような職場でも通用する最低限のオフィスカジュアルを取り上げてみました!

女性のオフィスカジュアルの許容範囲はどこまで?

女性のオフィスカジュアル

一般的にオフィスカジュアルはスーツほどかっちりしておらず、働く際に職場の雰囲気を壊さないキレイ目な格好を指します。また、お客様の対応にも適した上品な服装がベストです。

男性のオフィスカジュアルと比べても、女性のオフィスカジュアルはアイテム種類が様々で、どのような格好をしたら良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

女性のオフィスカジュアルの許容範囲は所属する企業や業界・職種によって様々ですが、上品さと職場雰囲気を注意した格好であれば、許容範囲を大きく外れるようなことはないかと思います。

 

好印象な女性オフィスカジュアルのポイント

職場の雰囲気を大切に

オフィスカジュアルは企業によって服装の自由度が異なります。まずは職場の雰囲気に合わせましょう。同じ部署の先輩を参考にしたり、職場の雰囲気に合った服装やアイテムを取り入れましょう。

清潔感を出す

職場で働く格好として男女問わず清潔感は大事なポイントです。シンプルでキレイ目な服装を心がけることは上品かつ好印象に繋がります。シワは清潔感に欠けるのでシワになりにくい素材の服装がおすすめです。

色合いを意識する

基本的にオフィスカジュアルではベーシックカラーを取り入れるのが無難です。

ベーシックカラーとは、「黒・紺・グレー・カーキ・茶・ベージュ・白」といったオーソドックスな色合いを指します。ベーシックカラーはどんな色と組み合わせても落ち着いた印象になり、邪魔になりにくいです。ベーシックカラーをベースにコーディネートする人も多いのではないでしょうか。

また、パステルカラーやペールトーンのような淡い色は優しい雰囲気が出るのでオフィスカジュアルの服装でもおすすめです。

 

これが定番!女性オフィスカジュアルのアイテム

定番なオフィスカジュアル

では、実際に女性にふさわしいオフィスカジュアルのアイテム例を紹介します。

アウター

  • ジャケット
  • コート

テーラードジャケットやトレンチコートはオフィスカジュアルの規定が厳しめの職場でも無難なアイテムとなるので持っておきたいところ。

ノーカラージャケットやチェスターコートは全体的にスッキリとした印象になるのでオススメです。

トップス

  • ブラウス
  • セーター
  • カーディガン

セーターやカーディガンはジャストサイズのモノを選びましょう。ゆったりとしたサイズはルーズに見え、ピチっとしたモノはボディラインを強調してしまうので注意しましょう。

ボトムス

  • スキニー
  • チノパン
  • スラックス

基本的に柄のないシンプルなモノを選びましょう。テーパードパンツやワイドパンツも色合いの落ち着いたものであれば綺麗めな印象を与えてくれます。

スカート

  • ストレートスカート
  • タイトスカート

スカートは無地で明るすぎない控えめな色がオススメです。オフィスカジュアルに適切な落ち着いた印象になります。丈感は膝が隠れる長さが無難です。

フレアスカートやプリーツスカートもオフィスカジュアルアイテムとして適しています。

ワンピース

  • ロングシャツワンピース
  • ニットワンピース

ワンピースはシンプルなデザインの格好がオフィスカジュアルに適切です。柄は無地やストライプがオススメです。ひざ丈もしくはひざ下まであるワンピースを選びましょう。色は清楚なイメージに見える白やベージュ、上品にまとまる黒やネイビーがおすすめです。

シューズ

  • パンプス
  • ローファー

基本的に足元は無地のパンプスやローファーで合わせるのが無難です。

オフィスカジュアルの規定が厳しい企業では、ショートブーツやスニーカーはカジュアルすぎてNGの場合もあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

【NG例】女性のオフィスカジュアルでやってはいけない服装

オフィスカジュアルのNG例

年齢や季節に関係なく女性のオフィスカジュアルで注意しておきたいポイントをご紹介します。

<NG> 派手な色柄の服装

あからさまに派手な色やアニマル柄などを取り入れた奇抜な服装はオフィスではかなり目立ちます。周りの集中力や気分を下げてしまうこともありますので注意しましょう。

<NG> 動きにくそうな服装

ダボっとした緩めの服やハイヒールやサンダルなどの動きにくそうな格好は業務に支障が出るので控えましょう。

<NG> ボディラインが強調される服装

体格より小さ過ぎるサイズやピッタリした服装は身体のラインが目立ってしまうので控えましょう。

<NG> 露出部分が多い服装

胸元や背中が大きく空いた服装や、太ももが見えるほど短いスカートやボトムス、つま先が見えるシューズなど露出が多い服装はオフィス内では品がない印象を与えてしまうので避けましょう。

<NG> 素足

生足はオフィスカジュアルには適していません。スカートなどの足が見える服装の時は必ずストッキングを着用しましょう。ストッキングはよれていたり、伝線していないかに注意しましょう。

<NG> 清潔感がない服装

シワやヨレが目立つシャツ、毛玉や黄ばみといった使い古した服は清楚感に欠け、だらしなく見えてしまうので新しいものを用意しましょう。

 

【NG例】女性のオフィスカジュアルに適さないアイテム

<NG例> アウター

  • ダウンジャケット
  • デニムジャケット
  • ライダースジャケット
  • ダッフルコート
  • モッズコート
  • ファーコート

<NG例> トップス

  • 派手な柄色のTシャツ(プリントTシャツも含む)
  • ノースリーブ(上着を着る場合はOK)
  • オフショルダー
  • パーカー
  • デニムジャケット
  • スウェット

<NG例> ボトムス

  • ジーンズ
  • カーゴパンツ
  • スウェット
  • ショートパンツ

<NG例> スカート

  • ミニスカート
  • マキシスカート
  • ボリュームスカート
  • 長すぎるロングスカート
  • 派手な柄色のスカート

<NG例> ワンピース

  • 膝上丈ワンピース
  • キャミソールワンピース
  • デニムワンピース
  • スウェットワンピース
  • 派手な柄色のワンピース

<NG例> シューズ

  • サンダル
  • ミュール
  • オープントゥシューズ
  • スポーツシューズ
  • ヒールが高すぎる靴

 

まとめ:女性のオフィスカジュアル

基本的にシンプルで落ち着いた色合いの服装が女性のオフィスカジュアルの基本となります。

肌の露出が多い格好や派手な柄色を取り入れた奇抜な格好をしなければオフィスカジュアルとして問題ありませんが、職場によっては服装のルールは異なってくるので、初めのうちは周りの人の格好を参考にすると良いでしょう。

慣れてくるとコーディネートの幅も広がり、服装選びが毎日のちょっとした楽しみになるかもしれませんね。

 

オフィスカジュアル<メンズ編>についてはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました