サステナビリティ

サステナビリティ

人々の暮らしが豊かに変わる、新しい都市づくりスマートシティ

スマートシティとは、インフラの基礎となる生活インフラや生活サービスを効率的に管理・運営するため、IoTやビックデータ・AIなどの先端技術を運用し、環境への配慮を心がけながら、人々の生活水準を高め続けてゆくことを目的とした新しい都市です。スマートリビング・スマートラーニング・スマートエネルギー・スマートモビリティ・スマートエコノミー・スマートガバナンスの6つの項目で構成され、各項目が繋がり合うことで実現されます。
サステナビリティ

【スマートヘルスケア】迫る2025年問題にヘルステックが新しい医療のカタチを実現する

スマートヘルスケアは、テクノロジーを活用して医療やヘルスケアの分野を変革し、社会問題の解決にも繋げる取り組みです。そして今、ヘルス×テクノロジーで未来を変える「ヘルステック」が注目を集めています。これまでのように同業種だけではなく、IT企業などが参入することで、これまでにはない新しい医療のカタチを実現しようとしています。
サステナビリティ

スマートファクトリーがものづくりを最適化し、改革を起こす理由とは

近年、製造現場で進むスマートファクトリー。ICTを活用した業務効率化を行い生産性向上でつくり方改革をしようとしています。働き方改革や人口減少による人材確保の問題など、社会課題の解決も図ります。工場のスマート化で私たちの生活はどのように変化していくのか、普及するにはどのような課題があるのかについて解説します。
サステナビリティ

Society5.0で創る新しい社会

Society 5.0では、AIによるビッグデータ解析が行われることで様々な生活の発展、問題解決に繋がります。Society5.0の取り組みにより実現する新しい社会は私たちの暮らしにどのような変化をもたらせてくれるのでしょうか?ここでは分野別に紹介していきます。
サステナビリティ

なぜ、スマート農業が「国家戦略としての農業改革と言われるのか」その理由

人間の生存のために食糧の安定供給は欠かせません。いま国家戦略として新しい農業(スマート農業)の取り組みが全国で行われ、農業を大きく変えようとしています。AIやICT等の先端技術によって超省力化と高品質生産を実現し、社会の課題も解決するスマート農業の特徴を、分かりやすくまとめて紹介します。
サステナビリティ

スマートモビリティはIoTがもたらす未来の交通インフラ

スマートモビリティとはIoTとAI技術がもたらす未来の交通インフラです。MaaSやCASEなど新たなモビリティサービスの概念も登場し,、Soceity5.0超スマート社会実現を目指しています。スマートモビリティ社会の概念が社会のどの様な課題を解決し、都市環境だけでなく自然環境にも配慮しながら私たちの生活や社会を変えていくのか。スマートモビリティ化によって自動車産業に与える影響などを知っているようで意外と知らない取り組みについて、分かりやすくまとめています。
サステナビリティ

SDGsが貧困に終止符を打ち、豊かで活力ある未来を創る

知っているようで意外と知らない、世界の社会的課題。私たちが将来世代のために今からできる方法がSDGsにあります。SDGsは国連で採択された2030年までに「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現を目指しています。どの様な課題があり169のターゲットを解消し、どうやって17の国際目標を達成しているのかを、エビデンスを用いて分かりやすくまとめています。
サステナビリティ

スマートグリッドが分散型エネルギーを可能にする社会を創る

環境・エネルギー問題が深刻化するなか、地球温暖化の防止、エネルギーの炭素化を目指すスマートシティの中心的な存在『スマートグリッド』の解説です。なぜスマートグリッドが再生可能エネルギーを最適化する次世代の伝送配電網といわれる理由、スマートグリッド構想の特徴によって賢くエネルギーを分散管理し、無駄な消費のない快適な社会を創るのかを、分かりやすくまとめて紹介します。
サステナビリティ

【超スマート社会】Society5.0が日本を解き放ち「強みを活かし、課題を機会に変える」

Society5.0とは今後の未来予測ではなく、創りたい未来のコンセプトで世界に発信する日本発の課題解決型「超スマート社会」です。世界に先駆け、日本人ならではの想像力を強みに、IoT、ロボット、人工知能、ビッグデータなど第四次産業革命の先端技術をフル活用し、世界の社会課題解決(SDGs)と日本の経済成長に繋げる創造社会をSociety5.0で実現します。Society5.0は日本が目指す方向性であり日本を解き放つアクションプランです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました