マーケティング

「UX / UXデザイン」の役割を徹底解剖!

UXマーケティング
スポンサーリンク

近年、インターネットやアプリなどを通して、様々なサービスを利用することが日常的となってきました。企業側も良いサービスやツールを提供しようと切磋琢磨しています。

みなさんも、お仕事や趣味などで何度も使っているサービスやアプリの1つや2つがあると思います。では、なぜそのサービスを頻繁に利用してしまうのでしょうか?

「使っている人が多い」「レビュー/口コミがいい」など、理由は様々だと思いますが「使いやすい」「分かりやすい」これらはどのサービスにおいても共通して言えることじゃないでしょうか?

これらを意識してサービス利用に取り入れたのが「UX」です。今回は、そんな「UX」について分かりやすくまとめてみました。

UXとは?

UXとはUser Experience(ユーザーエクスペリエンス)の略称であり、利用者が製品やサービスを使用することで得られる「体験」のことを指します。

スマートフォンであればボタンの押しやすさ(片手で押せるか)など、PCであればマウスやキーボードの手のフィット感・操作のしやすさにあたります。

 

UXデザインとは

ユーザーがサービスや製品を利用するときに「楽しく・心地よく・うれしく」感じられるようなユーザー体験をデザインすることを「UXデザイン」といいます。

UXデザインは、サービスや製品の企画・設計を全てユーザー視点で考え、より良質な体験を提供できるようにする必要があります。

例えば、ユーザーがスマートフォンでWEBサイトやアプリを利用している状態だけではなく、サービスを利用をしている環境・場所・時間といった利用する過程を含めて、ユーザーにストレスなく目的の達成を考慮されたデザインが「UXデザイン」となります。

UXデザインの重要性

ユーザーに良い体験をしてもらうことは、サービスの利用率の向上に大きく繋がります。ニーズの変化が速い現代で差別化を計るため、企業は様々な機能やサービスの提供をすることが求められてきました。

またUXデザイナーは、設計から売り上げを含む、サービス全体のデザインまでを行うことができる人材が必要とされています。このようにUXデザインはユーザーに上質な体験を実現することが重要となります。

UIデザインはUXデザインの質を高めるための要素

UXデザインを行う過程において、UIデザインの存在は無視できません。UIデザインとはユーザーに使いやすく分かりやすいサービスを提供するための「見た目」をデザインすることを指します。「見た目」であるUIデザインでユーザーを獲得し、UXデザインでサービス全体を体験をより高める目的に繋がります。

このようにユーザーにとって良い体験を導くことがUXの役割であり、見た目や利便性を追求していくUIは良い体験を生み出すために必要不可欠な要素となります。

 

UXデザイナーの主な仕事内容

UXデザイナーはより良いユーザー体験を提供することを目的としたデザインを行います。そのためマーケティング、SEOによる分析はもちろん、行動心理学、人間工学に基づいて製品・サービスの売り上げ向上に貢献する情報設計も重要です。下記のような幅広い業務に携わる必要があります。

  • マーケティング
  • テスト・分析
  • SEO
  • ユーザーインタビュー
  • サイト解析
  • 工数管理
  • 情報設計

UXデザイナーの必要なスキル

UXデザイナーはデザイン系のスキルだけではなく、マーケティングや人間工学など、幅広い分野のスキルが必要になります。

  • マーケティング経験
  • Google Analytics経験
  • SEOの知識、実戦経験
  • ブランド戦略経験
  • ユーザーインタビュー経験

UXデザイナーに必要な資格

UXデザイナーを目指すならば、以下のような資格を取っておくと有利です。

  • アドビ認定エキスパート(ACE)
  • ウェブデザイン技能検定
  • 人間中心設計(HCD)専門家 資格認定制度
  • ユニバーサルデザインコーディネーター認定資格

 

まとめ:UX/UXデザイン

UXがいかに大切か認識できましたでしょうか?

UXデザインが疎かになると、ユーザーはWebサイトやアプリの使用にストレスを抱き、目的を達成しないで離脱してしまう可能性や不満を招く恐れが考えられます。

UXデザイナーに求められるのは、ユーザーの目線で考え、不満や問題が生じることなく「ユーザーに良い体験ができるデザイン」を提供できるかが重要な目的といえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました